自己破産・デメリット.net

自己破産・デメリット.net

自己破産・デメリット.net

自己破産

 

借金の返済が難しい場合は債務整理で対応することも多いですが、特に有名な手続きとしては自己破産があげられます。
そして、自己破産を行う場合は、そのメリットとデメリットをよく理解しておくことが大切です。

 

まずメリットを考えておきたいですが、債務整理の手続きを行い、支払い能力がないことを認められるとすべての借金の返済を行う必要はなくなります。
借金のことで悩まなくて良くなるのは自己破産の最大のメリットと言えるでしょう。
そして、自己破産後に得た収入については自由に利用することができます。

 

そして、実際に手続きを行うのであれば、そのデメリットについても理解しておく必要があります。
借金はなくなりますが、ただで借金がなくなるのではなく、やはりある程度はデメリットもあるものです。
まず、自宅や自動車、預貯金など価値のある財産は手放さなくてはいけなくなります。めぼしい財産がない場合であれば、それほどのデメリットはありませんが、自宅などを持っている場合は、他に解決策はないかもう一度よく考えてみましょう。
そして、生活に必要な家財などは残しておいてもらうことができます。

 

それから一時的とはいえ、一部の職業の方は職業や資格の制限があり、一定期間はその仕事につけなくなってしまいます。
さらに自己破産を行った場合は、7年間は再び破産することはできません。
そして、自己破産をするとその情報は信用情報に記録されることとなりますので、今後何年かは新たに借入をしたりカードを作ることは難しくなります。
それから破産した情報については官報に掲載されることとなります。

 

自己破産・デメリット.net

 

借金の問題を抱えてしまったときの解決手段として、自己破産のことを耳にしたことのある人は多いでしょう。
自己破産は借金問題を法的に解決できる、債務整理の手段のひとつになります。
自己破産のメリットとしては裁判所で借入れを行っている借金について、返済していくことが不可能であると判断されることで、借金の支払いについて免除してもらえる点と言えます。
特別な資格などは必要なく、支払いが不可能と認められれば誰でも利用できる手続きというメリットがあります。
自己破産の手続きでは保証人となっている場合を除けば、家族に対して迷惑がかからない点もメリットです。
自己破産の手続きをするために弁護士などに依頼をすれば、借入れを行っている金融業者に対して取り立てや督促を止めるように通知してもらえますので、その時点で精神的に安心して生活を送れるようになります。
自己破産のデメリットとしては、手続きを行うためには現金で99万円以上、または財産として20万円以上の価値のあるものを処分しなければなりません。
また、自己破産の手続きを行うことで官報に掲載されますので、第三者に手続きを行ったことが知られてしまう点もデメリットとなっています。
手続きを行ってから10年ほどはブラックリストとして登録されることになりますので、その期間内にクレジットカードや各種のローンを組むとして金融業者に対して申し込みを行うと、審査の段階でわかってしまいます。
そのために、手続きをしてから10年ほどは新規の借入れができてない点も、デメリットであると言えるでしょう。

 

支払いができないほどの大きな借金を背負っている人は、自己破産の手続きについて聞いたこともあるのではないでしょうか。
自己破産について気になっている人であっても、メリットやデメリットについて詳しくない人も多いでしょう。
自己破産を行う最も大きなメリットとしては、借金の支払いを免除してもらえることで、その後の返済義務がなくなることがあります。
支払いが免除されることで、得た収入の全てを生活のために使うことができるようになります。
自己破産の手続きが行えるものとしては、様々なものが認められており、退職や病気によって借金の返済ができなくなったケースや、少額の消費者金融業者からのカードローンによる借入れが積み重なった場合でも認められます。
自己破産の手続きは弁護士などに代理人になってもらって行えますので、精神的な負担が少なくて手続きが行える点もメリットです。
デメリットとしては、高額な財産について手放さなければならない点が挙げられます。
また、官報に掲載されることで自己破産の手続きを行ったことが、第三者に知られてしまう点もデメリットと言えます。
一定の仕事については破産の手続きが終了するまでは就けないことや、資格制限を受けるデメリットもあります。
ローンを組むときやクレジットカードを作るときには、それぞれの金融業者によって審査を受けることになるわけですが、過去に自己破産を行っている人の場合には審査の段階で調べられることになりますので、10年ほどは金融業者からの借入れができないことになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ