自己破産の二回目は7年経過後で裁判所の判断も厳しくなります

自己破産の二回目は7年経過後で裁判所の判断も厳しくなります

自己破産の二回目は7年経過後で裁判所の判断も厳しくなります

自己破産を再度行うことも可能ですが、二回目となると免責が許可されるハードルは上がるとみてください。
初めての自己破産から7年が経過しないと、二回目はできません。
自己破産は法的に借金の返済を免除することですが、更生の意味もあり、二回目の免責許可決定は相当の理由も必要になります。
自己破産は1回目でも重いものです。
それを再度行うことは更生していないとみて、裁判所も容易に許可することはできません。
相当な理由が必要であり、増して浪費やギャンブルとなると免責不許可事由になります。
もちろん、1回目でも同じことが言えます。
借入やローンについても信用情報に基づく約束事です。
その契約を破ることにもなり、借金の返済を免除するのですから、自己破産のペナルティは他の債務整理よりも重いのです。
自己破産に至るまでは収入減や会社の倒産など様々な出来事が影響するでしょうし、その点は裁判所も考慮するでしょう。
しかし、それ以外の理由について、投資の失敗などについては免責不許可事由になる可能性も高くなります。
二回目については弁護士に相談するのがおすすめですが、裁判所の判断次第ですので、厳しいと想定して方が良いでしょう。
何度も行うことができるとしても、自己破産には消費生活の更生の機会とみることもできます。
免責が簡単に出るものではないことを1回目で学習しておくことが大切です。
1回きりの手続きにすることが、今後の消費生活を考えても賢明です。


ホーム RSS購読 サイトマップ