自己破産の免責不許可事由に該当します※ギャンブルの場合

自己破産の免責不許可事由に該当します※ギャンブルの場合

自己破産の免責不許可事由に該当します※ギャンブルの場合

自己破産が完了するのは免責許可の決定を受けてのことです。
しかし、反対に免責不許可となることもあります。
その一つがギャンブルによる借金です。
自己破産は借金の返済に苦慮している方に手を差し伸べる法的手段ですが、ギャンブルや浪費によるものは認められないことがあります。
ギャンブルによる借金の他に免責不許可事由となるのは特定の債権者に返済を行う行為、身分証明書などを偽り、詐欺的な行為で借り入れを行ったもの、あるいはクレジットカードを利用して回数券などの換金性の高いものでつくった借金なども含まれます。
加えて、過剰な株取引やFX取引による借金も免責不許可事由にあたることがあります。
では、免責不許可事由になれば自己破産は成立しないのか、その際の再度認める制度も一部の裁判所では実施しています。
免責観察型と呼ばれるものです。
これは免責不許可事由に該当した場合で、裁判所が選任した破産管財人が管理することにより、裁判所が再度判断しようというものです。
つまり、家計を法的に管理下に置いた上で、裁判所の裁量によって免責を出す方法です。
いずれにせよ、免責不許可事由になれば自己破産は成立しません。
また、自己破産は債務に関わるもので、税金などはその範囲に当てはまりません。
借金の中身によって、またどのような形で借金が増えていったのか申し立ての時点でも質問されますし、免責申立の時点でも口頭で質問を受けます。
偽ることなく申し立てることが大事で、財産を隠す行為も免責不許可事由です。


ホーム RSS購読 サイトマップ