自己破産には時効があるの?

自己破産には時効があるの?

自己破産には時効があるの?

貸金業者などからたくさんの融資を行ったときに、毎月の指定されている期限どおりに返済をすることができない場合があります。
借金の問題が発生したときに、法律的な手段によって解決できる方法があります。
自己破産は借金を返済するための財産が不足しているために、継続的に支払うことができない状態に陥っている場合に、裁判所にそのことを認めてもらうことで支払い義務を免責にすることができる手続きです。
借金の支払う責任を免除してもらうことで、全ての借金を支払わなくて済むようになります。
収入の全てを自分の生活のために使うことができますので、精神的にも落ち着きを取り戻すことができます。
自己破産は借金問題を解決することが可能ですが、その反面でデメリットもあります。
自己破産の手続きを行うことで、財産のほとんどを失うことになりますし、資金が必要になっても新しく借り入れを行ったり、クレジットカードを作ったりすることができなくなります。
自己破産を行うことで価格が20万円を超える財産の全ては処分されることになり、現金の場合は99万円を超える金額を残しておくことはできません。
一定の職業に就くことも、資格制限が行われるために難しくなります。
自己破産の時効が成立するためには、通常であれば7年とされています。
金融業者の信用情報機関や官報への掲載がなくなるまでの消滅時効は、10年程度かかる場合もあります。
10年の消滅時効期間が過ぎることではじめて、新たなローンを組むことが可能になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ