自己破産すると携帯電話はどうなるか

自己破産すると携帯電話はどうなるか

自己破産すると携帯電話はどうなるか

自己破産すると財産の処分が必要になりますが、携帯電話は生活必需品と見なされるため処分の対象外になり、手元に残すことができます。ただし、手元に残せても使えるかどうかという問題があります。
まず、携帯電話を分割払いで購入しており、自己破産したときに完済できていない場合、その時点で使用できなくなり、個人信用情報機関のブラックリストに登録されます。購入費は完済しており、通話料金の滞納もしていなければその電話会社に対して債務整理は発生しないため、そのまま使い続けることができます。通話料金を滞納している場合、債務整理が発生し、ブラックリストと携帯電話会社間で共有している不払い情報に記録され、電話も利用できなくなります。
自己破産によって不払い情報に記録された場合でも、これを復帰させることはできます。自己破産は債務の返済義務がなくなるものであり、免責後に債務を返済できます。これにより免責された債務を完済できれば不払い情報は削除され、携帯電話の使用ができるようになります。
個人信用情報機関のブラックリストに登録されている状態で携帯電話を購入する場合には問題が出ます。一括払いは問題ありませんが、分割払いではローンになるためブラックリストに登録されていると審査に落ちやすくなります。ただし、携帯電話では顧客を得るためにクレジットカードなどと比較すると審査を緩くしているため、ブラックリストに登録されていても審査に通ることがあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ