自己破産を安易にすると後悔するかもしれません

自己破産を安易にすると後悔するかもしれません

自己破産を安易にすると後悔するかもしれません

借金を返済するためだけに働いているような人にとって、自己破産はとてもありがたいものです。借金がなくなれば、その後は普通に働きながら生活していけるのですから、楽になりたいと思って自己破産する人も多いでしょう。どうやっても返済できないときにはそうするしか仕方がありませんが、もしも返済できるのなら何とかして返済した方が良い場合もあります。安易な考えでは後悔することにもなりかねないのです。

その理由の一つが、しばらくはローンを組めなくなることです。自己破産をすれば、その情報は信用情報として金融機関で共有されます。ですから、しばらくの間はローンを組むことができません。新しい生活を初めて、そろそろマイホームでも購入しようかと思ったとしても、住宅ローンを組めなくなる恐れがあるのです。この時点で後悔しても、時すでに遅しです。ほかにも、ローンでいろいろなものを買うこともできなくなりますし、クレジットカードを持つこともできなくなり、その時点で後悔することもあるでしょう。

もしも自己破産をせずに何とかできるのなら、その方が良いです。たとえば、一時的に親に借りて返済し、その後は親に少しずつ返していくという形をとるのも良い方法でしょう。数百万円くらいなら、働けば何とか返せるものです。どうやってもほかの方法が見つからないと言ったときに限って、自己破産することをおすすめします。なお、自己破産以外にも債務整理の方法はありますから、ほかの方法も視野に入れて検討するべきでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ