自己破産したその後の生活の真実とは?

自己破産したその後の生活の真実とは?

自己破産したその後の生活の真実とは?

自己破産は債務整理の最終手段として借金を免除されるメリットがありますが、その後の生活には大きな変化が現れます。基本として借金はできなくなりますので現金での生活となってきますので、収入によっては厳しい生活を余儀なくされる可能性があります。自己破産により借金ができないのは基本ですが、クレジットカードを作ることもできませんし携帯電話を分割で購入することもできなくなります。自己破産は債務が免除がされる代わりに、その後の生活には大きな負担を強いられると言えます。しかし同じ債務整理でも個人再生や任意整理では返済をする必要がありますので、その分だけ破産にはメリットがあると言えます。どんな方法を選択しても、手続きが終わればその後は借金が全てできなくなるため、免責事項など問題がなければ自己破産をしたほうがその後の生活に希望を持つことができるのです。借金が全くできなくなるのは当然ですが一生続くわけではなく、個人信用情報から登録内容が解除されれば利用することは可能です。自己破産では一般に7年間信用情報に登録されることになりますが、その後は一般の人と同じように暮らすことが可能です。自己破産をすると免責が決定するまでの間は職業に制限がありますし、借金ができないなどの不便はありますが、生活を変えるためには借金を整理することも必要なのです。債務整理にはメリットはありますがデメリットももちろんありますので、返済能力によって選択することが大切なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ