自己破産したら家族への影響度は小さく個人のみの問題となります

自己破産したら家族への影響度は小さく個人のみの問題となります

自己破産したら家族への影響度は小さく個人のみの問題となります

自己破産をしたら、すべての財産を失う、戸籍に載る、勤務先に影響するなどといった心配もありますが、ほとんどありません。
ほとんどというのは財産でも評価額が20万円以上の場合は処分の対象になる場合や資格制限で特定の職種で制限を受ける点です。
また、自己破産は個人の問題でもありますので、家族のクレジットカードが使えなくなることもありません。
自己破産は本人に関するもので、家族であっても第三者に影響が及ぶことはないと言えます。
もちろん、子どもの進学や就職の面に関しても同様です。
過去に自己破産したら、金融機関などでは家族調査が行われたこともありましたが、現在ではありません。
あるとしても一部かもしれませんが、家族の借金や自己破産などを理由にすることは違法とも言えます。
自己破産したら、先ず被るのが本人の借入やローンの利用です。
資格制限があるものの、限定的であるので、ほとんどの職種で影響することはありません。
自己破産に関しては本人の問題ですが、家族の収入や財産に関する資料の提出が必要となる場合もあるので、その点で相談は必要になります。
黙っていることはできません。
自己破産したら、何よりも大切になってくるのは家族をはじめ周囲の人間への説明です。
手続きの段階から十分に話し合い、理解と協力を得ることもスムーズに事を進める上で大切なことです。
借金の理由にもよりますが、債務整理からの生活再建は周囲の協力もあってできることも多いからです。


ホーム RSS購読 サイトマップ