自己破産は奨学金の審査の時、両親に影響するのか?

自己破産は奨学金の審査の時、両親に影響するのか?

自己破産は奨学金の審査の時、両親に影響するのか?

子供のいる家庭での家計の大半を占めているのが、子供の教育費と言われています。
今の子供は昔の子供に比べて圧倒的に習い事が多いです。
多い子供は何と毎日学校の後に習い事をしています。
塾、絵画教室、英会話教室、水泳、ピアノ、バレエなど勉強やスポーツ、美術系の習い事まで幅広く習い事をしているのです。
子供の可能性を広げてあげる事は大変良い事でしょう。
実際、活躍しているスポーツ選手などは小さな頃から習っている方が多いです。
しかし、これらの習い事には月謝が必要となるのです。
これらの習い事以上にお金がかかると言われているのが、大学進学です。
大学の種類にもよりますが、少なくとも1,000万円以上必要と言われています。
その為に国や民間では、教育ローンの貸付を行っています。
誰でも申込み出来ますが、審査がありますので中には審査に落ちる方もいます。
両親が自己破産しているケースは確実に教育ローンの審査に落ちるでしょう。
自己破産すると教育ローンに限らずにあらゆる借り入れが出来なくなります。
住宅ローンや車のローン、消費者金融などのキャッシングなどでは、必ず審査に落ちるでしょう。
しかし、自己破産していていも借りる事が出来る制度もあります。
それが奨学金です。
奨学金は両親が借りるお金ではありません。
子供が奨学金に申込みするので、両親が自己破産していても借金が莫大にあっても関係無いのです。
ただし、奨学金を返済するのも子供になります。
子供が社会に出てから返済して行くのです。
家の経済状況が苦しけど大学に行きたい!と希望する方には是非おススメの制度です。


ホーム RSS購読 サイトマップ