自己破産とは~手続きの内容~

自己破産とは~手続きの内容~

自己破産とは~手続きの内容~

借金の返済が困難になった場合、生活を立て直すために債務整理という法的手続きをとることができます。債務整理には幾つかの方法がありますが、そのうちの一つである自己破産とはどんな手続きなのかを詳しくご紹介しましょう。
自己破産とは、借金の支払いができないことを裁判所に認めてもらって、支払いの免除をしてもらう制度です。一定以上の価値のある財産は全てお金に換え、債権者に配当されますので、生活に必要不可欠な財産以外は手放すことになります。
通常は、弁護士や司法書士等を代理人として手続きを行います。弁護士等に依頼すると、各債権者に対して受託通知と債権調査協力依頼が送付され、これによって取り立てはストップします。必要書類とともに裁判所に自己破産の申し立てをすると、裁判所では負債額や収入、財産などの状況から、借金の返済が不可能かどうかを総合的に判断します。支払い不能であることを認めると、裁判所は破産手続き開始決定をします。返済を免除してもらうには、さらに免責の許可が必要です。
自己破産の手続きには、同時廃止と管財の2種類があります。債務者に財産がある場合には、管財事件として破産管財人が選定されて財産を調査・管理してお金に換え、債権者全員に配当します。財産がない場合には、破産手続き開始と同時に手続きを終了させる決定をします。これが、同時廃止事件で、多くの債務者はこれに当てはまります。債権者からの不服申し立てがなければ、免責決定となります。
この他、自己破産とは何か、弁護士費用への不安などは法テラスのサポートダイヤルで、情報の提供や相談窓口の紹介などをしてもらえますので、利用してみてはいかがでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ